顎ニキビの漢方薬の効果と副作用

<顎ニキビの漢方薬概要>
顎ニキビは女性にとっては非常に気になるものです。
その原因はいろいろありますが、多くの場合には生活習慣の乱れによる体調や肌への影響が原因となっていることが多いのです。

 

その為、顎ニキビを治すには漢方薬が良いとよく言われます。漢方薬には体調を整え新陳代謝を内面から促す効果があるとされているので、顎ニキビの原因を元から改善する効果があるとされているのです。

 

その中でも、黄連解毒湯、当帰芍薬散、清上防風湯、桂枝茯苓丸、十味敗毒湯、桃核承気湯、加味逍遥散などが顎ニキビをはじめとした頑固なニキビに効果があると言われています。

 

 

これらの漢方薬の一般的な作用効果は以下の通りです。

 

黄連解毒湯とは

体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあるものです。
化膿タイプの顎ニキビ対策に使われます。

 

当帰芍薬散とは

血行を良くして体を温め、貧血症状を改善する効果が有るものです。更にホルモンバランスを整えるため、女性に効果的な生薬です。
生理前や生理不順時に顎ニキビが悪化する時に使われます。

 

清上防風湯とは

顔の熱や炎症をとり、また皮膚病の病因を発散させる働きが期待できる薬です。
炎症のひどい顎ニキビ、男性タイプの顎ニキビに利用されます。

 

桂枝茯苓丸とは

のぼせや手足の冷えを伴う生理痛みや、しみ、肩こり、打ち身などに効果があると言われます。
紫色の顎ニキビができる人に使われます。

 

十味敗毒湯とは

皮膚の赤みやかゆみを抑え腫れや化膿を鎮める効能を持ちます。
化膿していて痒みや痛みが強いときに利用されます。

 

桃核承気湯とは

血行を良くする効果が有る他、便通を良くしたり、不安やイライラをしずめる効果を示すものです。
便秘などの腸内環境の悪化による顎ニキビに利用されます。

 

加味逍遥散とは

血液循環をよくして体をあたためる一方、のぼせなど上半身の熱をさますという効能を持っています。
精神的な問題による顎ニキビ、ホルモンバランスや自立神経が乱れているタイミングで利用されます。

 

荊芥連翹湯とは

荊芥連翹湯とは炎症や化膿を伴うニキビに効果があるとされている漢方薬です。荊芥連翹湯は、比較的体力があり、脂汗をかきやすいような体質の人に有効とされています。そのため、思春期にできやすいタイプのニキビや、ホルモンバランスの乱れにより生じた化膿を伴う顎ニキビなどに適しています。荊芥連翹湯に含まれている17種類の生薬成分のうち、黄?には炎症を抑える効果が、黄柏には殺菌作用があります。そのため、顎ニキビの炎症が改善します。

 

 

 

このように漢方薬には人間の体を内面から徐々に改善する効果が有ります、その為、顎ニキビの様な体調の変化を示す症状には効果があるとされているのです。
特に当帰芍薬散や桃核承気湯、加味逍遥散は血行を改善する効果を持っているので、新陳代謝にも効果的であるため、ニキビなどに効果があると言われているのです。

 

顎ニキビ漢方薬の副作用

しかし、漢方薬も薬になりますので副作用が有ります。

 

漢方薬の副作用とは西洋の薬に比べれば症状が軽いことが多いのですが、それでも体調を崩したり、甚大な被害を被ってしまうものもあるので注意が必要です。基本的には漢方薬であっても医師や薬剤師の指示を仰いで用法や用量を守って服用することが大切です。

 

 

漢方薬は効き目が遅いため、ついつい焦って大量に服用してしまうことも有りますが、そのようなことは絶対にしてはいけません。また、上に掲げたそれぞれの薬においても、体調や状態などによりそぐわない物も有ります。間違った服用法をした場合にはニキビを悪化させる危険も有るので、十分に注意して利用したいものです。